ま行

ホーム > ま行 > 摩耗

摩耗 【まもう】

摩耗を分類すると

・凝着摩耗
・アブレッシブ摩耗(ざらつき摩耗)
・疲労摩耗

などがあります。
これらの摩耗は基本的に金属を基準に考えられていますが、プラスチックに見られる摩耗には

・溶融形
・せん断形
・炭化形

などの分類もあります。

一般的に摩耗は、見かけの接触面積ではなく、荷重に正比例すると言われています。

さらに速度も摩耗に影響します。速度論は金属の場合の潤滑を含めた話と、プラスチックの無潤滑とでは少し話が違いますが、この荷重P(Pressure)と速度V(Velocity)の積、PV値が摩耗を考察する一つの指標になります。

また、表面の硬さが硬いほど摩耗に強いと言われます。
ただこれは金属ではある程度あてはまるかもしれませんが、プラスチックの場合はあてはまりません。

色々な説や実験等、難しい話は割愛しますが、硬いもの・柔らかいものどちらが良いかは使用状況や摩耗形態、材質の弾性などにより違ってきます。

プラスチックベアリングを検討してみませんか?

  • 無潤滑で使える(オイル・グリースが必要ない)
  • 水・薬品でのサビ、腐食がない(耐水性、耐薬品性)
  • 軽い
  • メンテナンスフリー
  • 電気を通さない、帯びさせない
  • どんな形状でも可能